プラセンタサプリ

スポンサードリンク

プラセンタ 効果 副作用

プラセンタ 効果 副作用

 

プラセンタサプリに副作用があるのかは気になるところですね。

 

プラセンタ(胎盤エキス)の経口摂取には、医療機関で処方される内服薬(医薬品)と

 

一般に市販されているサプリ(健康食品)があります。

 

医療機関では人の胎盤から抽出したヒトプラセンタの内服薬が

 

使用されることが多いようです。

 

ヒトプラセンタは医療機関でしか使用が認められていなくてサプリには使われません。

 

市販のサプリに含まれるプラセンタの原料は豚由来の「ブタプラセンタ」のものが

 

多いようですが、最近では馬由来の「ウマプラセンタ」を使った商品も

 

増えてきているようです。

 

以前は牛由来のプラセンタもあったのですが狂牛病の流行以来、

 

現在まで使われていないです。

 

プラセンタサプリの安全性

 

医療機関で処方されるのが「ヒトプラセンタ」の錠剤です。

 

国内の病院において正常分娩で出産した人間の胎盤を使い、厚生労働省認可のもとに、

 

製薬メーカーの厳重な管理下で生産されているので副作用の報告は、

 

今までに一度もないです。

 

市販のサプリについても豚や馬の胎盤は、十分な健康管理や衛生管理の体制のある

 

農場から仕入れられていて、どのメーカーも厳しい自社基準のもとで感染症などの有無を

 

検査しており高い品質と安全性の製品を作っています。

 

プラセンタサプリの副作用

 

プラセンタサプリを摂取し始めには体の機能正常化過程にあり、

 

生理の時期の早まりや出血量が多くなることがあるようです。

 

また軟便などが起こることも稀にあるのですが、服用をしていくうちに

 

自然に収まるといわれます。

 

アレルギー性皮膚炎の悪化

 

アトピー性皮膚炎の既往歴がある方にはプラセンタエキスを含む健康食品により、

 

増悪した成人型アトピー性皮膚炎になることがあるようです。

 

アレルギー反応

 

プラセンタにはタンパク質やアミノ酸が豊富に含まれているため、

 

食品と同様にアレルギー反応がでることがあります。

 

アレルギー体質の方は原材料の確認と医師の指導を受けましょう。

 

馬プラセンタサプリ エイジングリペア